画像

9月 19, 2014
@ 3:40 am
固定リンク
217 リアクション

zukasaman:

仮眠中。

zukasaman:

仮眠中。

(tetrisから)



画像

9月 19, 2014
@ 3:39 am
固定リンク
76 リアクション

fukunono22:

吉川友

fukunono22:

吉川友

(gkojaxから)


画像

9月 19, 2014
@ 3:39 am
固定リンク
465 リアクション

naimabarcelona:

Love

naimabarcelona:

Love

(tetrisから)


引用

9月 19, 2014
@ 3:32 am
固定リンク
16 リアクション

全く別の話として、サルがカニの代わりに木に登って柿を独り占めすると、蟹が一計を案じて「柿の籠は枝に掛けると良いんだが」とつぶやく。サルはなるほどと枝に籠を掛けると、柿の枝は折れやすいので籠は落ちてしまう。蟹は素早くこれを抱えて穴に潜り込む。サルが、「柿をくれ」というと、「入っておいで」と取り合わない。サルは怒って、「では、穴に糞をひり込んでやる」と穴に尻を近づけた。蟹はあわててサルの尻を挟んだ。それ以来、サルの尻から毛がなくなり、の爪には毛が生えるようになったという由来話となっているものがある。

さるかに合戦 - Wikipedia (via petapeta)

(petapetaから)


引用

9月 19, 2014
@ 3:29 am
固定リンク
13 リアクション

直感的・主観的に捉えた確率と確率計算の結果が一致しないのはなぜか、さらに、解答を説明されて理解しても納得できないのはなぜか、という研究が認知心理学の研究分野で行われ、日本認知科学会でも1980年代、盛んに取り上げられた。

日本でも、Aは正しい(助かる確率は1/2)とする人が多数を占め、まちがい(助かる確率は1/3)とした人も、確率論に基づいて判断したわけではなく、単に看守の回答は確率に影響しないと考えた者が多かった。 そこで、確率論に関する解説と計算結果を示して説明すると、納得する者としない者に分かれる。さらにいったん納得した者も、変形問題を示されると再び悩み出す傾向が見られた。

ある研究で行われた文系大学生へのアンケート[2](n=142)結果では、回答者の76%が1/2、14%が1/3と解答している。しかし、別のアンケートで確率は統計に基づくことを説明するヒントを載せたところ、この比率は逆転した。

問題の曖昧さのため複数の解が存在する場合、多くの人が自分(主人公)にとって最も有利なものを採用しているのである。

3囚人問題 - Wikipedia (via petapeta)

(petapetaから)


画像

9月 19, 2014
@ 3:23 am
固定リンク
36 リアクション

fukunono22:

鈴木愛理

fukunono22:

鈴木愛理

(gkojaxから)


画像

9月 19, 2014
@ 3:23 am
固定リンク
955 リアクション

mmtki:

florencio:

(vía You can’t explain that : theCHIVE)

2014-06-07

mmtki:

florencio:

(vía You can’t explain that : theCHIVE)

2014-06-07

(highlandvalleyから)


画像

9月 19, 2014
@ 3:21 am
固定リンク
5,547 リアクション

adriannina:

Newtonesque dinner at home.

adriannina:

Newtonesque dinner at home.

(tetrisから)


画像

9月 19, 2014
@ 3:21 am
固定リンク
87 リアクション

fukunono22:

矢島舞美

fukunono22:

矢島舞美

(gkojaxから)


画像

9月 19, 2014
@ 3:17 am
固定リンク
20 リアクション

fukunono22:

℃-ute

fukunono22:

℃-ute

(gkojaxから)


画像

9月 19, 2014
@ 3:17 am
固定リンク
189 リアクション

(元記事: oleolee (ak47から))


画像

9月 19, 2014
@ 3:17 am
固定リンク
77 リアクション

(元記事: nee420 (ak47から))


画像

9月 19, 2014
@ 3:16 am
固定リンク
621 リアクション

(ak47から)